浮遊日和

海月猫がサポート&企画する音楽情報+オススメ情報+日記をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ビートルズ

ここ最近の週末はほぼライブに行ってるんですけど
何故かライブ中、ライブの終わった後にビートルズの曲を耳にします。

少し前になるのですが3月26日の今池得三でのLamp / Daniel Kwon / ツクモク
まずツクモクがTwist And Shoutをカヴァー
そしてDaniel KwonがBlackBirdのカヴァー
そしてLampがリンゴのマラカス(あ、これは強引ですね...)

翌日3月27日はツクモクの角田君が店主のブラジルコーヒーでの
シャムキャッツ / 王舟 / ジョセフ・アルフ・ポルカ
シャムキャッツと王舟がアンコールでまさかのTwist And Shoutのカヴァー
前日に同じ曲をカヴァーしてたツクモクの角田君もまさかのカヴァーに驚いて
一気にテンションが上がりステージに乱入してました。
あの偶然は確かに乱入したくなります。

そして翌週4月2日K.D.Japonでのわすれろ草 / Ett / OGST
ここではライブ中ビートルズの演奏はなかったのですが
OGSTがリンゴのマラカスでした。(あ、また強引ですね。)
そしてライブ終了後友人達と隣にあるゆきちゃんラーメンで遅い夕食をとっていると
テレビからTwist And Shoutが。
この時3月26、27日、4月2日の同じくライブを観に来てた友達も一緒にいて
同じタイミングでテレビにかぶりついてました。

そして昨日4月9日パルルでの奇妙礼太郎 / 青葉市子
奇妙礼太郎さんがAcross The Universeのカヴァー

どれも意図的ではなくて偶然で聴いたビートルズ。
今まで数え切れないほどライブに行ってるんですけどここまで連続で
ビートルズのカヴァーにめぐり合えることはなかったと思います。
どれも感情が入ってて(テレビはオリジナルですけど)素敵なカヴァーでした。

恐らくこの日記を読んだ方には僕のテンションが伝わないと思いますが...

各会場でお店で起きたちょっとした奇跡。
ライブってこういうことが起こるから面白いんですよね。

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

元気になれる曲

今、日本では大変な事が起きています。

そして今の自分がしたいことがあまりにもできないこと。

無力。

せめて今の自分にできること...
いろいろ考えたけど自分が落ち込んだり悩んだりしたりした時によく聴いてた曲。
元気になれた曲。
それをユーチューブで探してここに載せようと思います。

もし、たまたまこのブログを見てその曲を聴いて少しでも気を紛らわすことができれば幸いです。


「イノトモ / タンポポ」


「里帰り / 小鳥」


「サケロックオールスターズ+寺尾沙穂 / 日本の人」


「小沢健二 / 暗闇から手を伸ばせ」


「theatre brook / 捨てちまえ」


「電気グルーヴ / 虹」


「neco眠る / 猫がニャ~て、犬がワンッ!」


「ichi / live」


「テニスコーツ / Baibaba Bimba」


「Eastern Youth / 夜明けの歌」



音楽 | コメント:0 | トラックバック:0 |

2つのお祝い

先週の事なんですけどいつもお世話になってる友達が
3月3日にCDをリリース
3月5日にお店をオープン
してます。

なんとも不思議な繋がりでそれぞれが刺激しあって時には協力しあって
すごく素敵な作品とお店が完成しました。

その友達の作品とお店を紹介したいと思います。

まず
3月3日に1st album 「くうき」をリリースした
Qu-kihttp://qu-ki.com/index.html
quki
ジャケットのデザインを担当したのは後に紹介するManu Mobilesです。
そしてCDの内容は1曲1曲に音と情景を切り取ってノートに貼り付けたような優しくも切ない作品。
どこかを歩いてたり、車で走ってたりと様々なシチュエーションにこのアルバムをを聴いてると
「あ、この曲今のこの風景になんかハマる」
ってことが僕自身度々ありました。
情景と重なる音楽は小さい頃から凄く好きで、
それが当てはまることが多ければ多いほど長く聴き続けています。
Qu-kiもその中の1枚ですね。
Qu-kiは今後もいろんなところで演奏をして情景を紡ぎだしていくと思います。
是非偶然でも出会えたら立ち止まってQu-kiの音楽を聴いてみてください。


そして先程少し名前がでた
Manu Mobileshttp://www.manumobiles.com/index.html
mm
3月5日にお店がオープンしました。
まだお店には伺ってないですけどあの素敵夫婦が手がけるお店だから
むちゃくちゃ素敵なお店っていうのは分かります。
でもほんと早く行きたい。今週末くらい行けるかな?
その素敵夫婦こと今井夫妻とはいつもお世話になっている琉球王国という料理店で知り合いました。
それからイベントに来てもらったり、さらには僕がこれでモビールができたら...て思ってた
海月猫のモビール
http://kuragenekoblog.blog18.fc2.com/blog-entry-34.html)←日記の後半に載ってます。
まで製作していただいたというもう、
御二人には足を向けて寝られないくらいお世話になりました。
そんな御二人のフラッグショップ。
ここでいろいろな出会いや刺激がもらえると思います。
近くに来た際は是非寄ってみてください。

なんだかこうやって友達がいろいろ活動をしていて刺激をもらえる環境っていいなって思います。
この環境と繋がりを大事にしていきたいです。



今日の心の1曲
「dear my friend / さかな」

イベント | コメント:0 | トラックバック:0 |

イベントを終えて

2月10日のtobaccojuice 1st acoustic tour2011 『この部屋は宝石箱』@k.d japon

2月11日のtony chanty Release Tour「あしあと」@peacenik
無事(?)終了しました~

来て頂いたお客様、そして出演者の皆様そして、スタッフの方々、お店の方々
改めてありがとうございました!!

この2日間、個人的にドタバタの最上級のような時間を過ごして心身ともにヘトヘトになってましたが
でも間違いなく思い出に残る2日間でした。

2月10日のイベントはタバコジュース里帰り

里帰りのライブは千種座やツアーを周ってるだけあって以前より一皮向けてるというか堂々としてるんですよね。
だんだん成長していく里帰りを見届けることができてファンの1人としてはほんとに嬉しいです。
あ、あと新曲のレスポンスをみんなでしたかったな。
結局ゆりさんが「海月猫さんどーぞー」ってことで僕1人で
「こっとこっと」ってレスポンスしてましたし。笑
でもこれからこの曲が浸透していってみんなでレスポンスがうまくできてくると思います。
凄く良い曲なんですよね。温かい。

タバコジュースのアコースティックセットも凄く良かった。
あの徐々に盛り上げていく流れはある程度経験積んでないと絶対できないでしょうね。
人を惹きつけるライブでした。
この日はタバコジュースのファンのお客様が膨らました風船を持ってこられ、
最初はライブスペースにしきつめるような感じでって話をしてたのですが
ハポンの特性を活かして盛り上がってきたらステージの上にあるロフトから
風船をばら撒く感じがいいんじゃないか?ってことでそれで話が決まって
タバコジュースのライブで盛り上がってきたら合図をもらって風船をばら撒きました。
この時、里帰りのゆりさんと今回里帰りのサポートとして参加して頂いた
夕暮レトロニカの徳山さんで風船をばら撒きました。
それで会場が一気に盛り上がって一体になっていく瞬間。
思わず鳥肌が立ってしまいました。
あぁいった瞬間はほんとにライブをサポートできて良かったって心から思える瞬間ですね。

そしてグッズも密かに切り絵のいりこさんと里帰りのゆりさんと僕で企てた缶バッチ+α。
この+αがかなりやばいものになりました。
当日来られてこれをゲットした人はかなりラッキーだと思います。

ということでこの日のイベントは大盛況で大成功。
みんなで一体になるライブってほんと感動します。

120209

打ち上げでは今の音楽業界のことや状況をいろいろ聞きました。
ほんと考えさせられます。
具体的には言えませんが少しでも今の状況を変えられたらって思います。

そしてタバコジュースの皆さんもダウンタウンが好きなんですね。
ハポンの隣のゆきちゃんラーメンでラーメン食べながらガキ使をまったり見てました。


そして2日目
2月11日のイベントはtony chantyとochiai tomohiko。

この日は正直な話、これまたいろいろ考えさせられた日で、反省点がとにかく多いイベントでした。
まず、当日届いたPAセットを使い慣れてないのに使用したこと。
これでセッティングはできたもののなかなか納得いくような音を出せませんでした。
tonychantyさんもochiaitomohikoくんもライブは凄く良かったのですが、
個人的にはずっと反省をしてしまってどうも楽しむことはできませんでした。
イベンターとしてまだまだです。反省。。。
何か安定したものが1つほしいですね。
まだまだ課題は多いです。

ライブが終わって名古屋初だというtonychantyさんに名古屋名物を味わってもらおうと世界のやまちゃんへ。
手羽先や味噌串カツを堪能しました。
tonychantyさんまた名古屋にきてくれるかな。
いろいろ案内したいし、もっとtonychantyさんの歌を名古屋のみんなに聴いて欲しい。

そしてオチアイくん、tonychantyさん、ハルモニアの川村さんと別れ、
1人余韻に浸りながら車の中で熱唱しながら帰路につきました。

これでしばらく海月猫企画のイベントはちょっとお休みします。
でもお世話になってる方々のイベントのお手伝いは率先して手伝っていきますし、オススメしまくります。
まだまだ今年は始まったばかり。
良い感じのイベントが今分かってるだけでも目白押しです。

楽しんでいきますよ~っ!!

ではでは皆様またどこかで会いましょう!!

あ、ブログは今後もちょこちょこ更新していきます。
イベント | コメント:0 | トラックバック:0 |

オススメライブ情報!!⑥

2月にイギリスからRozi Plainさんが初来日します!!

「TRI△NGLE J△P△N TOUR 2011」@k.d japon
tt

出演:Rozi Plain [ロジー・プレイン] (from UK)
   Rachael Dadd [レイチェル ダッド] (from UK)
   ICHI

日時:2011年2月19日(土)

開場18:30 開演 19:00

会場:k.d japon(http://www2.odn.ne.jp/kdjapon/index.html
〒460-0012
名古屋市中区千代田5丁目12-7
TEL (052)251-0324
料金:予約 \2000 / 当日 \2500

Rozi Plain
rozi
シンガー・ソング・ライター。緑豊かなウィンチェスター(イングランド)に生まれる。
ブリストルへ移住の後、兄や仲間と音楽活動の共同体「Cleaner Records」を立ち上げる。
2008年にはデビューアルバム「Inside Over Here」を発表(Fence Records /King Creosote 主宰)。
控えめでありながら、強い磁場となって聴き手を帰るべき部屋へと誘う歌とギター演奏は、
着実な広がりを見せている。
また、創作の仲間―
François & The Atlas Mountains、This Is The Kit、Sleeping States らとの共同も活発に進めている。
これまでに英国内のほかヨーロッパ、アメリカへとツアー、
Devendra Banhart、James Yorkston、Viking Moses らの著名アーティストとも共演。
Devendra は「Inside Over Here」を2009年度に愛聴した1枚に挙げている。
また Green Man、End Of The Road、Shambhala、Fence Records の Homegame など
多くのフェスティバルにも出演。
セカンド・アルバムが Need No Water Records より近日発表の予定。
http://www.myspace.com/roziplain

Rachael Dadd
rachaeldadd
英国・ファーナム出身。ブリストル在住。
ギター、バンジョー、ウクレレ、ピアノを演奏。
17歳でファーストアルバムをリリースし、音楽活動を本格始動。
04年からブリストルに移り、WHALEBONE POLLYやTHE HANDなどのサイド・プロジェクトも開始。
また、ハンドメイド・ブランドMAGPIEを立ち上げ、
音楽や手芸など幅広く精力的な創作活動を行なっている。
ソロとしては3枚のアルバム「summer/Autum Recordings」(06年)、
「The World Outside Is In A Cupboart」(08年)、
「After The Ant Fight」(08年)と、
ミニアルバム「Moth in the motor」(2010年)[UKのみ]、
「Elephee」(2010年)[UKのみ]を発表。
カフェやギャラリー、シネマ、走行中の列車内などでのライブが口コミで評判を呼び、
全国35カ所以上でのライブを実施。
MAGPIEブランドやアートワークのエキシビジョンも各地で行い、大きな反響を呼んだ。
また、
GONTITIの30周年アルバム
「VSOD-very special ordinary days」
World Standardの最新アルバム
「Silencio」
で、唯一のゲスト・ヴォーカルとして参加している。
http://www.myspace.com/rachaeldadd

ICHI
ichi
2005年、1stアルバム「mono」をcoupレーベルからリリース。
沖縄から北海道まで全国各地でライブを展開し近年では、
イギリスを中心にオランダ、ベルギー、フランス、ドイツ、スイス、イタリアでツアー行い、
UK最大規模のグラストンベリーフェスティバルに2年連続出演するなど精力的に活動中。
スティールパン、木琴、鉄琴、トランペット、メロディカ、風船、タイプライター、声、自作楽器などを
一人で自在に演奏し、おもちゃ箱をひっくり返したようなステージングをみせる、
ひとり楽団ICHIのリトルワールドポップミュージック!!!
2010年11月に5年ぶりの2ndアルバム「memo」をリリース!
http://www.myspace.com/ichijapan


ライブ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<前のページ| ホーム |次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。