浮遊日和

海月猫がサポート&企画する音楽情報+オススメ情報+日記をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

久々のライブ

昨日、今年になって初めてライブを観に行きました。
今年に入って行きたいライブがたくさんあったのにどれも行けず、
今回も仕事でいけなくなるんじゃないだろうかと不安になってましたがなんとか行けました。

「里帰り presents"夜の演奏会~一日のおわりに、話でも。~"」
special guest:空中ループ

いろんなことで心身ともにくたびれた自分に素敵な音のプレゼントでした。
やっぱりライブ良いですね。

しかし、お客さんもアーティストの皆さんも若い!
そしてかわいい!
おしゃれやね~
と、ついついおっさん目線になってしまいます。
あ、それで少し癒されてるってのもあるんだろうか...

まぁそれはそれとして

ライブは凄くポップでしたね。
好きなポップ感。

空中ループもほんとポップ。
ほどよい浮遊感と躍動感でライブの音に慣れるのに心地良い音でした。
近日タワーレコードからリリースされるCDも気になります。

空中ループから里帰りに変わる時にSEで虫の声をかけてたんですけど
これ、僕も状況は違いますが過去に同じようなことをしてました。
僕の場合は某カフェで秋っぽい演出がしたくて照明をロウソクだけにして
曲と曲を繋げる間を虫の声にして音フェードもゆっくりあげてたってことをしたことがあります。
なんだかこれやるとやってる本人も落ち着くんですよね。

そして里帰り。

里帰りは小さな奇跡起こしてました。

僕の中にライブ中に小さな奇跡を起こすバンドは今後ずっと好きになってくっていうのがあって里帰りもその1つに入ってくるんだろうなぁと思いました。

ちなみに小さな奇跡というのは過去にEttがオトノタニでライブをしたときにヴォーカルの方が両手を広げた時に曇りの空の合間から光が差し込んできたのには鳥肌が立ちました。
今でも思い出に残るシーンです。

昨日の小さな奇跡は僕の個人的一番好きな曲「どら息子、地元へ帰る。」
のイントロで電車が通る音がして、また曲が終わる時に電車が通る音がするという
ハポンという高架下にある会場っていうのもあるんですけど、
この曲と歌詞にタイミングよく演出して、さらに感動をもらいました。
(そういえばボーカルのユリさんと話してた時もこの時の感動を話してたときにちょうど「どら息子~」が会場内で流れてたっけ。

久々のライブ、今年一発目でかなり満足した時間を過ごせました。
里帰りの皆さんお疲れ様でした。


「どら息子、地元へ帰る。 / 里帰り」



スポンサーサイト

ライブ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<2010年03月12日(金)「PoPoyansの星ツアー」 | ホーム | 前野健太 鴨川>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。