浮遊日和

海月猫がサポート&企画する音楽情報+オススメ情報+日記をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

初心

ここ最近購入した新譜どれも凄く良くて毎日音楽に浸ってます。
・Diplo / Chasing The Dragon
・Los Destellos / Solo Ellos... Los Destellos
・ショピン / 春のソノタ
・細野晴臣 / HoSoNoVa
・奇妙礼太郎トラベルスイング楽団 /
機嫌なおしておくれよ Yogurt&Koyas REMIX
・Maria Hato / Latter Half Of Aloha EP
・砂原良徳 / liminal
・テニスコーツ / ときのうた
・平賀さち枝 / さっちゃん
おかげで財布とカードが火を噴いてます。。。泣
どれも名盤。

あと、ここ最近行ったライブも凄く良くて
ライブが終わった後帰りの余韻も気持ち良いです。

先日、ライブを見終わった帰り際に会場の出口でフライヤーを配っている方がいました。
その方は以前、里帰りとタバコジュースのイベントに来て頂いたお客さんで
今度6月5日にハポンで
WATER WATER CAMEL
里帰り
jaaja
を呼んでイベントを企画してました。

その頂いたフライヤーが手にとってすぐに
「あ、このイベント絶対素敵なイベントになる」
と思いました。
何故かというとアーティストとイベントに対する愛情が伝わってくるフライヤーだったのです。

なんだか初心に帰る気持ちになったフライヤー。
僕もアーティストとイベントに対して愛情を注ぐ時はフライヤーも気合入ります。

でも最近、イベントが事務的な流れになっていたり
自分がサポートしきれないことがあったり
アーティストのことを十分知らないのに企画をしてしまい
結果アーティストの方にも迷惑をかけてしまうという事態になり
イベントもうまくいかない結果になったりしていました。
その罪悪感からそのアーティストのCDを聴かなくなってしまったこともありました。
そしてイベントを企画するのを躊躇するようになりました。

そこでこの頂いたフライヤーを見て思い出しました。

数年前名古屋に呼びたくてたまらなかったG.RINAさん。
大阪のアンズでライブをやるという情報を知って友達を無理矢理誘って
急遽大阪にライブを観に行って、その場でオファー。
そう、これが自分のイベントに対するスタイルでした。

まずアーティストのことを知り、好きになる。
それでイベントが決まった最初から最後まで
アーティストとお客さんと会場が全て一体になって
みんなが楽しかったって言えるようにイベントを導く。
これこそイベントに情熱を注げる形なんじゃないかと思います。

まだいろいろあって企画するのが難しい現状ではありますが
呼びたいアーティストはまだまだたくさんいます。
以前呼んだアーティストの方ももう一度名古屋に来て欲しいです。
その時は全力でアーティストとイベントに向けて愛情を注ぎたいと思います。

こちらのイベントきっといいイベントになりますよ。
応援してます。
wwcaj

スポンサーサイト
音楽 | コメント:0 | トラックバック:0 |

元気になれる曲

今、日本では大変な事が起きています。

そして今の自分がしたいことがあまりにもできないこと。

無力。

せめて今の自分にできること...
いろいろ考えたけど自分が落ち込んだり悩んだりしたりした時によく聴いてた曲。
元気になれた曲。
それをユーチューブで探してここに載せようと思います。

もし、たまたまこのブログを見てその曲を聴いて少しでも気を紛らわすことができれば幸いです。


「イノトモ / タンポポ」


「里帰り / 小鳥」


「サケロックオールスターズ+寺尾沙穂 / 日本の人」


「小沢健二 / 暗闇から手を伸ばせ」


「theatre brook / 捨てちまえ」


「電気グルーヴ / 虹」


「neco眠る / 猫がニャ~て、犬がワンッ!」


「ichi / live」


「テニスコーツ / Baibaba Bimba」


「Eastern Youth / 夜明けの歌」



音楽 | コメント:0 | トラックバック:0 |

今年よく聴いたアルバム

怒涛の2010年間もなく終わりますね。
ほんとにあっというまで最初から最後までバタバタでした。
今までここまで仕事やらプライベートでバタバタしたのは初めてかもしれないです。
来年はもうちょっとイベントも控えめにして落ち着きたいところです。

ということでいきなりっすけど2010年よく聴いてたアーティストのアルバムを10枚ちょっとを紹介します。
今年は日本のアーティストしか聴いてないなぁ。
しかも名古屋近郊で活動してるアーティストが多いかも。

ちなみにランキングではないです。
個人的にランキングなど音楽には必要ないと思ってるので。
ではではいきます。

1枚目
「TEASI / SANDO」
独特な曲中の間の空気感がさらに増したアルバム。
まずこのアルバムを聴いてると時間の流れが変わるのでせかせかしてる時には聴きません。
今日みたいな休日の朝がちょうどいいですね。
TEASI:HP

2枚目
「キセル / 凪」
このアルバムは一生聴くと思います。
曲に合った季節が来たときやその状況やシーンがふと目の中に飛び込んだときは
迷わずこのアルバムから脳内選曲されます。
というかキセルの過去のアルバムも今までずっとそんな状況で聴きたくなるので
このアルバムが出たことで脳内選曲の幅が広がりました。
キセル:HP

3枚目
「図書館 / 図書館の世界」
まずCDのパッケージが通常と逆(本の開き方と同じ)なので気がつくと歌詞カードがいつも逆に入ってます。
田中亜矢さんの優しい声と曲のポップさが一聴して虜になりました。
日本のポップスの現在進行形ですね。
今巷でかかってるような耳を通り抜けていくだけの曲(この辺と比べるのは違うかな)をポップスと考えると
それはもうポップスは死んでるんじゃいかって思うんですけど
このアルバムのようなちょっとひねくれた雰囲気こそ日本のポップスの形なんじゃないかって思います。
図書館:HP

4枚目
「里帰り / ぼくとあなた」
今年11月、千種文化小劇場ワンマンで成功を納めた里帰り。
確実に成長してて今後も活躍が楽しみでなりません。
きりえのいりこさんから繋がって、僕の企画したイベントにも参加してもらったことがあるんですけど
ライブの様子を見てるとライブを聴きに来てるお客さんに対する愛情がすごく伝わってきて
いつの間にか里帰りに感情移入してしまいますね。
緊張してれば僕らも緊張して泣きそうになってたら僕らも泣きそうになる。
自然と共感してしまうバンドです。
なのでこのアルバムを聴いてるといつの間にか感情が曲の中に入り込んでます。
里帰り:HP

5枚目
「星野源 / ばかのうた」
このアルバムに収録されてる「子供」という曲はひょっとしたら今年一番聴いた曲かもしれません。
何故かっていうと、この曲を結婚した大好きな友達に捧げたくて、でもただ曲をかけるだけじゃ...
と、Qu-kiに演奏を無理矢理お願いして結婚式の2次会で自分で歌ってしまいました。
それで何度も何度も車の中で歌って練習してたんですが、歌ってる最中になんだか泣けてしまうんですよね。
結局2次会では泣きはしなかったのですが緊張しすぎて声が震えてしまってそれが良い効果だったみたいです。笑
あとこのアルバムに収録されてる「老人もの三部作」は何回聴いても遠くを見つめてしまいます。
星野源:HP

6枚目
「モノポリーズ / ようのび」
和風ロックステディといえばいいのかな?
跳ねるリズムのなかに独特のゆるさがあって楽しくて一緒に口ずさみたくなるアルバムです。
このアルバムの中に収録されてる「ジェリー」という曲で「にゃーにゃーにゃー」というフレーズは
毎回間違いなく一緒に歌ってます。
このアルバムを知るきっかけになったモノコトという雑貨屋さんはまさにこのアルバムに入ってる曲のような雰囲気で
いつも楽しい気分になります。
そういえばまだモノコトでモノポリーズのライブを見たことがないなぁ。
いつか観てみたいです。
モノポリーズ:MS

7枚目
「Climb The Mind / ほぞ」
このアルバムはClimb The Mind自身がかなり手ごたえを感じてるんじゃないでしょうか。
個人的にもClimb The Mindのアルバムの中で最高のアルバムだと思います。
ワンマンのライブも(構成を含め)最高でした。
このアルバムを購入して封を開けて車で聴いてるとちょっとづつボリュームを上げて
アルバムが終わるまで遠回りして帰りました。
(僕は気に入ったアルバムを車で聴くと曲gあ全部終わるまでずっと遠回りして帰る癖があるみたいです。)
それぐらい感情を動かしてくれるアルバムです。
1曲目の「ベレー帽は飛ばされて」はカラオケにあったら間違いなく歌詞見ずに歌えるレベルです。
Climb The Mind :HP

8枚目
「山本精一 / PLAYGROUND」
このアルバムがまだリリースする前、大阪のベアーズへゑでぃまあこんと埋火のライブを観にいった時に
SEでこのアルバムがかかってた時、一緒に行った3人で聴き浸ってました。
山本精一さんの歌詞世界が好きでどこかねじれてるんですよね。
そこがツボというか、それでこの曲調っていうのがたまらないです。
さらにアルバムに収録されてるPHEWさんの歌詞もこれもまた...しみじみ。
山本精一:HP

9枚目
「Little Creatures / LOVE TRIO」
Little Creatures界隈に音楽人生を変えられてるだけに期待せざるおえないアルバム。
期待通りというか期待以上でやはり最近のヘビーローテーションアルバム。
アルバム全体に出てるウネウネ感がたまらないです。
音に対して凄くストイックでひねくれてます。
今までちょくちょく文章で出てる「ひねくれてる」が凝縮されてるアルバムです。
このHP↓のアー写は何度見ても笑えます。
Little Creatures:HP

10枚目
「mmm(ミーマイモー) / パヌー」
mmmは今年夏くらいからジワジワきたアーティストですね。
ほんと魅力的で底知れないアーティストです。
これからmmmの存在感が気になる人が増えていくんじゃないでしょうか?
とにかく凄い逸材だと思います。
このアルバムまともに聴いてると怖くさえ思えてきます。
最初軽く聴いてると途中から深みにはまって抜け出せなくなるので。
この後リリースされたフーアーユーもこれまたズブズブと...
mmm:MS


ふぅ...
10枚書ききった~
いやぁこれ書くのに何時間かかったんだろ??
途中PCが暴走してかなりあせったけど...

他にも聴きまくったアルバムはあるんですけど2010年リリースされた
アルバム中心で(あ、mmmは去年か)まとめてみました。
あと、書けなかったけど
・ゑでぃまあこん
・埋火
・フレネシ
・かえる目
・ポポヤンズ
・pug27
・Jesus Fever
・Jenny On The Planet
もよく聴きましたね。

来年も早々からいろいろリリースラッシュみたいで楽しみです。

ということでここまでつたない文章を読んで頂いた方ありがとうございます。
あくまで個人的感想なのでこの文章を読んで音源が気になった方がいらっしゃいましたら
是非聴いてみてください。
どれもめちゃくちゃオススメできるアルバムです。

来年早々イベント情報をアップしますのでチェックしてくださいね!

そして今年お世話になった方々に最高で最大の感謝を!!
ありがとうございました!!
来年もなんか迷惑かけたりするかもですけどよろしくお願いします!!

ではでは皆様良いお年を!!

海月猫:なぐぁ





音楽 | コメント:0 | トラックバック:0 |

11/20(土)「題名のない選曲会vol.27」選曲リスト

11/20(土)
一宮のカフェ「トレモロ」(http://www.tremoro.jp/
で行われた板屋さん主催のイベント「題名のない選曲会vol.27」にゲスト出演させていただきました!
この日、僕はハポンに「四人旅[安宅浩司 / ううじん / スチョリ / アンドウケンジロウ]こちらもめっちゃ良かった!」
を観に行ってからの参加だったので、早い時間の選曲人の方々の選曲は残念ながら聴けずじまいでした。
SONGS(http://www.songsrecords.com/)鬼頭さん、
クニくん(http://ameblo.jp/quniaki/entry-10714100741.html
板屋さんの選曲は聴けました!
3人とも選曲に個性が思いっきり出てて楽しかった!
次回は早い時間からいってがっつり音に浸りたりながらトレモロ名物(?)のアボガド料理を食べたいと思います。

さてさてこの日の選曲ですけどかけたい曲をかけたのでむちゃくちゃでございました。
でも久々にイベントで選曲したから楽しかった!!
というわけで選曲リスト載せておきます。
これ見てむちゃくちゃな選曲だな~っでも楽しそうって思っていただければこれ幸いかな...と。

「題名のない選曲会vol.27」選曲リストby海月猫
1.日本テレビ・ノンフィクションアワー「脅威の世界」オープニング・テーマ / 松武秀樹
2.不良マネキン / フレネシ
3.ACID / レミ街
4.くたばれ!人生の先輩たち! / グッバイマイラブ
5.Nowhere Fast / The Smiths
6.NEW MUSIC MACHINE / Cornelius
7.気になるあの娘 / 相対性理論
8.猫がニャ~て、犬がワンッ! / neco眠る with 二階堂和美
9.CONTROL / LA-PPISCH
10.Just The Way You Are / pug27
11.Sunday / Tatsumi Akira & The CaSSETTE Con-Los
12.love scene / EGO-WRAPPIN'
13.ごはんの歌 / モノポリーズ
14.Oldman Silence / The Miceteeth
15.やさしさに包まれたなら / トウヤマタケオ楽団
16.Land of 1000 Dances / The Dynamics
こんな感じっす。

そうそう、それとこの日、来ていただいた方に8人の選曲人が選曲したCDーRが配られたんですけど
他の方の選曲リストを板谷さんのブログで知ってもらっとけばよかった!って心の中で叫んでおりました。
ちなみにCD-Rの選曲リストはこちら→http://ameblo.jp/senkyokukai/

あとその日のユーストリームのアーカイブも見れるらしいので是非是非チェックしてみてください~
http://www.ustream.tv/channel/senkyokukai

今回この機会を作っていただいた「題名のない選曲会」(http://ameblo.jp/senkyokukai/)の板屋さんに感謝です!!
ありがとうございました!!
音楽 | コメント:0 | トラックバック:0 |

猫マト

ほ...欲しすぎる...
今世の中で一番欲しいものかも。
猫マトリョミン
「猫マトリョミン」
しかも今年から徐々に招き猫を集めてみようと思った矢先の
このマトリョミン
真ん中の「福ちゃん」なんてまさにド!ストライクゾーンですよ。

しかしイベントやらなにやらで今の時期はそこそこの出費が予想され
とてもこんな高級なものも買えそうにもない...

う~...

音楽 | コメント:2 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。